メインイメージ

オススメ業者はココ!

金・プラチナ買取店の店舗はここから探してください。

金の専門店からプラチナや他貴金属なども買取可能なお店が集まっています!

現在の登録業者数:41件
※現在は先行登録期間なため、各々の都道府県別ページに業者が登録されておりません。しばらくお待ちください。

【北海道/東北】
北海道青森岩手宮城秋田山形福島

【関東】
東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬

【信越/北陸】
新潟富山石川福井

【中部/東海】
山梨長野愛知三重岐阜静岡

【近畿】
大阪兵庫京都奈良滋賀和歌山

【中国】
鳥取島根岡山広島山口

【四国】
徳島香川愛媛高知

【九州/沖縄】
福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

管理人が今の金相場について一言

金価格は暴騰を続けています。

不要な金製品や金地金を、しこたま御持ちになっている方で、「相当儲かったから、そろそろ売り逃げしてまおうか・・・・・」と御考えになっていられる方も多いのではと思いますが、一寸お待ちください。

すでに死語になってしまている「兌換紙幣」という言葉を御存じですか? 「ダカン シヘイ」と読みます。兌換紙幣とは、紙幣の名が付いているのですから、当然のことですがお札の一種ですが、現在流通しているお札と違って、この「兌換紙幣」は額面と同額の金貨と交換して貰えることが約束されている紙幣のことです。

1868年徳川幕府は大政奉還とかで、それまで独占的に掌握していた国の政治権力を天皇家に返還し、時代は明治となりました。

それまでの江戸時代は、藩札といってその藩内でのみ通用する紙幣が使はれていたのですが、明治元年、新たに発足した明治政府は、藩札を廃止して太政官札という紙幣を発行し旧藩札の流通を禁止しました。

そして、明治15年には日本銀行を設立し、明治30年に金を通貨の基本とする事を決定し、このとき兌換券という紙幣を流通させました。

この時は、「額面金一円也」の兌換券が金1.5gと交換すると決定されたそうです。 今ですと 金 1gは5000円 以上しますから如何に物価が上昇したかがよくわかります。

この兌換制度は大正時代を経て昭和まで続いいたのですが、1931年に事実上停止され、1942年昭和17年に、「金と交換しない紙幣」を発行を認める法律が施行され兌換紙幣は廃止されてしまいました。このため、現在では金本位とは言いながら金の裏付けのない御札が流通しています。

明治時代から現代に至るまでの間に、経済は驚くほどに発展し、流通する紙幣の量も当時と比べ、けた外れに多くなっていますから、昔のように兌換する金を日銀が保有することが出来ないのは解りますが、なにか残念な気がする話です。

しかも「国債」と称する「借金」の魔術を駆使して天文学的な金額の紙幣を回転させているのですから、紙幣(=御金)と日銀(=政府)の信用は今後、さらに、さらに、低下していくことは明らかです。

ということは、今後、日に日に御金の価値は低下し「金価格」は上昇を続けるに違いありません。

確かに「金価格」相場の一種ですから、実質の価値よりも人気に左右されるものですから、安くなる時もあるかも知れません、しかし経済が拡大を続ける以上必ず「金価格」は更に、上がらざるを得ないのは自明の理です。

若し「金」をお持ちなら、決して慌てて売ってはいけません、いつでも売れますからゆっくり更なる値上がりをお待ちになるのが良いと思います。

PR

大黒屋の金買取・・業界大手の大黒屋です。金やプラチナの買取を行なっております。

Copyright(c) 2011 金・プラチナ買取店MAP All Rights Reserved.